日本司法書士会連合会について 出版物

ホーム > 日本司法書士連合会について > 出版物 > 資料室 > その他の業務 : 供託業務

その他の業務 : 供託業務

解説

供託とは、供託しようとする者(供託者)が、金銭、有価証券、物品などの財産を供託所に保管させて、この財産を受けとる権利のある者(被供託者)に受けとらせることによって法律上の目的を達成しようとする制度です。 供託は、弁済供託、担保供託、執行供託、保管供託、没収供託などに分類されます。
これらの供託手続のうち、市民のくらしに最も身近なものは、民法にもとづいてなされる弁済供託でしょう。例えば、家賃の金額に争いがあって家賃を家主が受け取らない場合(受領拒否)や、家主が死亡して相続人が誰だかわからない場合(債権者不確知)などでは、賃借人が供託することによって家賃の支払いをしたことになり、家賃債務を免れることができるのです。
司法書士は、供託手続の代理人として市民のみなさんのお手伝いをしています。

関連情報

2012.12.26
民法(債権関係)改正における供託制度に関する意見
2012.11.10
【月報司法書士】家族法最新判例ノート第Ⅱ期 第17回/岡山大学法学部准教授 中川 忠晃
2012.06.10
【月報司法書士】短期集中講座「司法書士からみた民法(債権関係)改正―中間試案に向けて編―」第11回/民事法改正委員会副委員長 初瀬 智彦

>一覧を見る

音声で読み上げる