日本司法書士会連合会について 出版物

ホーム > 日本司法書士連合会について > 出版物 > 資料室 > 筆界特定手続業務 : 筆界特定手続

筆界特定手続業務 : 筆界特定手続

解説

筆界特定手続とは、土地の所有権登記名義人等が、筆界特定登記官に対し、当該土地とこれに隣接する他の土地との筆界について、公の判断を求めることができる制度をいいます。裁判所に対して提起する境界確定訴訟よりも、筆界について簡易・迅速に公の判断をするために創設された制度で、司法書士は、多くの筆界特定の申請において代理人となるなど大きな役割を果たしています。

関連情報

2016.11.10
【月報司法書士】境界紛争ゼロ宣言‼/日本土地家屋調査士会連合会会長 林 千年
2015.03.10
【月報司法書士】はじめての筆界調査委員/群馬司法書士会 群馬土地家屋調査士会 板垣 大祐
2011.11.10
【月報司法書士】土地境界問題編/横浜簡易裁判所 岩田 和壽

>一覧を見る

音声で読み上げる