日本司法書士会連合会について 出版物

ホーム > 日本司法書士連合会について > 出版物 > 資料室 > 成年後見業務 : 公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート

成年後見業務 : 公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート

解説

成年後見制度は2000年に施行されましたが、司法書士は、いち早く新しい成年後見制度を積極的に支えようと、「社団法人成年後見センター・リーガルサポート」を1999年に設立しました(2011年4月1日より公益社団法人へ移行)。高齢者・障害者等の権利を擁護するために司法書士のみを正会員として設立された団体であり、これまで、数多くの会員司法書士が補助人・保佐人・成年後見人として家庭裁判所から選任されており、その数は、他のどの職業よりも上回っております。全国に50ある司法書士会に支部があり、後見制度を担うための人材を育成し、成年後見人等の養成事業を行っております。

関連情報

2017.09.10
【月報司法書士】アドバンス・ケア・プランニングで最期まで支える―私の生き方連絡ノートを活用して/自分らしい「生き」「死に」を考える会代表・医師 渡辺 敏恵
2017.09.10
【月報司法書士】尊厳死・リビングウィル~司法書士の実務現場から~ /東京司法書士会 松井 秀樹
2017.06.10
【月報司法書士】非営利法人法制の再構築/公益財団法人公益法人協会理事長、 公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート理事 太田 達男

>一覧を見る

音声で読み上げる