日本司法書士会連合会について 出版物

ホーム > 日本司法書士連合会について > 出版物 > 資料室 > 簡裁訴訟代理等関係業務/裁判事務 : 労働問題

簡裁訴訟代理等関係業務/裁判事務 : 労働問題

解説

昨今の経済状況により、解雇問題は多くの労働者を苦しめています。解雇には、通常解雇、整理解雇、懲戒解雇の形態があり、労働者が不当に解雇されないようにそれぞれ異なる要件がありますが、一方で、経営者側にも解雇を決断せざるを得ない場合もあり、相互に微妙な問題を抱えているのが実情です。司法書士は、それぞれの立場に立って依頼者の支援をしております。

関連情報

2017.10.10
【月報司法書士】ワークルール教育について/東京司法書士会 小関 香苗
2017.07.10
【月報司法書士】非正規雇用の増加の背景と課題―望まれる解決策とは/中央大学経済学部教授 阿部 正浩
2017.07.10
【月報司法書士】デジタライゼーションによる働き方の変化と労働法政策上の課題―ドイツにおける“労働4.0”ホワイト・ペーパーを素材として/独立行政法人労働政策研究・研修機構 研究員(労働法) 山本 陽大

>一覧を見る

音声で読み上げる