日本司法書士会連合会について 出版物

ホーム > 日本司法書士連合会について > 出版物 > 資料室 > 簡裁訴訟代理等関係業務/裁判事務 : 債務整理(任意整理)

簡裁訴訟代理等関係業務/裁判事務 : 債務整理(任意整理)

解説

利息制限法を超える金利で借入れをしていた債務者が多重債務に陥った場合には、ほとんどのケースで超過金利を元金に充当する引直し計算が認められております。司法書士は、代理人として債権者と交渉をし、過払い金の返還を求めたり、月々の返済金額を減額してもらうなど、債務者の生活再建を支援しています。

関連情報

2017.04.10
【月報司法書士】日常業務における民事法律扶助の活用/日本司法書士会連合会法テラスとの連携推進委員会委員長・長野県司法書士会 小口 一成
2016.10.10
【月報司法書士】攻めの予防司法」へ~仮登記を活用した事案を通じて/静岡県司法書士会 中里 功
2016.05.19
債務整理事件における報酬に関する指針

>一覧を見る

音声で読み上げる