日本司法書士会連合会について 出版物

ホーム > 日本司法書士連合会について > 出版物 > 資料室 > 不動産登記 : 不動産相続

不動産登記 : 不動産相続

解説

不動産の所有者が死亡して相続が開始すると、所有権は相続人が承継しますが、相続による登記を申請しないまま相続人が死亡したりすると、相続が重なって所有権が複雑になり、訴訟に発展することも少なくありません。司法書士は、相続登記を通じて不動産の権利関係が複雑になることを防いでいます。また、山林の所有者の相続登記は山の保護に直結しますので、司法書士は森林組合とも連携しながら、環境問題にも取り組んでいます。

関連情報

2018.04.10
【月報司法書士】フランスの相続登記の現状について:相続登記義務・登記専門家・相続登記未了対策/獨協大学法学部教授 小柳 春一郎
2018.04.10
【月報司法書士】ドイツの相続制度について―相続証書の機能と相続登記の義務付け―/平成国際大学法学部教授 小西 飛鳥
2018.04.10
【月報司法書士】イギリスの相続登記制度について/名古屋大学大学院法学研究科教授 金子  敬明

>一覧を見る

音声で読み上げる