日本司法書士会連合会について 出版物

ホーム > 日本司法書士連合会について > 出版物 > 資料室 > 不動産登記 : 不動産売買

不動産登記 : 不動産売買

解説

不動産の売買契約が成立すると、法務局に所有権移転登記を申請しますが、司法書士は、不動産売買の代金決済の場に立ち会い、代金支払いと引換えに登記に関する書類を確認し、代理人として登記の申請を行います。登記簿に抵当権や差押えなどの登記がなされている場合には、これらの登記を所有権移転登記と同時に抹消して、登記簿上問題なく買主が所有権を取得できるように取引の安全に寄与しています。

関連情報

2017.08.10
【月報司法書士】ブロックチェーンが変える不動産登記の未来/国立情報学研究所情報社会相関研究系准教授 岡田 仁志
2016.12.12
【月報司法書士】ブドウ畑に託した人生/日本司法書士会連合会司法アクセス対応委員会委員 郷家 丈史
2016.10.10
【月報司法書士】不動産登記制度と予防司法/山形大学人文学部教授 高橋 良彰

>一覧を見る

音声で読み上げる