日本司法書士会連合会について 設置機関

ホーム > 設置機関 > 司法書士総合研究所

司法書士総合研究所

事業内容

総合研究所は、司法書士に関係する国内外の諸制度並びに法令等について、学術的、理論的な調査、研究を恒常的に行い、会務執行の意思決定に資するとともに、司法書士の法律実務家としての資質の向上を図り、もって公正な社会の発展に寄与することを目的とする。
常設の研究部会
1)司法書士制度研究部会
2)不動産登記制度研究部会
3)業務開発研究部会
4)IT戦略研究部会

特別の研究部会

1)家事事件研究部会

2)リスクマネジメント研究部会

////////////////////////////////////////////////

2015年(平成27年)5月12日

司法書士総合研究所では、2014年7月に217自治体に対して「空き地・空き家問題等への対策」に関するアンケート調査をお願いいたしましたところ、157自治体よりご回答をいただきました。
ご回答いただきました自治体におかれましては、お忙しいところ調査にご協力いただきましてありがとうございました。
調査の集計・分析等の調整が終了いたしましたので、掲載いたします。

自治体向けアンケート集計結果

司法書士会は、相続人調査、登記の専門家団体として、国・都道府県・市町村をはじめとする関係機関と協力し、この問題に取り組んでいきます。

音声で読み上げる