consulting Case1 借金がふくらみ『多重債務』に陥りどうしようもない状況です

ホーム > こんなときは司法書士 > 借金のことを聞きたい > 借金がふくらみ『多重債務』に陥りどうしようもない状況です

Case1 借金がふくらみ『多重債務』に陥りどうしようもない状況です


相談者

たくさんの貸金業者などからの借金をしてしまい、いわゆる「多重債務」の状態です。司法書士の方にお願いすれば借金の整理ができると聞いたのですが?


司法書士

はい、認定司法書士(注)にご相談ください。司法書士が依頼を受けたあとの流れは、

①受任通知
お金を借りている方(債務者)と司法書士の間で委任契約を結んだあと、貸金業者(債権者)に対して、司法書士が債務者の代理人となったことを知らせる「受任通知」を出します。この通知を受け取った貸金業者は、ご本人やそのご家族などに対して直接接触することが法律によって禁止されます。これによって債務者への借金返済の請求がストップします。

②引き直し計算
次に司法書士は、貸金業者から債務者との間でのこれまでの借入と返済の日付と金額を表にした「取引履歴」を受け取り、内容を確認したうえで債務者が返済に必要な借金の額を計算し直します。これを「引き直し計算」と言います。これまで債務者が支払ってきた利率が利息制限法を超えている場合は、利息制限法に利率を引き直します。

(注)法務大臣が指定する法人が実施する研修を修了し、
   法務大臣による認定を受けた司法書士


相談者

引き直し計算をすると、借金が減るのですか?


司法書士

貸金業者の貸付利率によりますが、利息制限法で定められている利率よりも高い場合は、引き直し計算をすれば債務者の借金は減額します。しかし、銀行ローンや平成21年6月以降の借り入れで貸付利率が利息制限法以下であれば減額が望めない場合もあります。


相談者

私は、借りたお金はちゃんと返そうと思い頑張ってきたのですが、
一向に借金が減りません。


司法書士

あなたのように何年もの間しっかり返済してこられた方は、返済し過ぎになっていることがあります。この返済し過ぎたお金のことを「過払い金」と言います。
もし過払い金が出た場合、司法書士は貸金業者に対してその過払い金を返してもらう交渉をします。交渉しても返してもらえないときは、過払い金の返還を請求する裁判を起こすこともできます。

音声で読み上げる