日本司法書士会連合会について 出版物

ホーム > 日本司法書士会連合会について > 出版物 > THINK

THINK 司法書士論叢 会報第115号

一覧に戻る

2017年3月31日

巻頭言

THINK第115号発刊にあたって
日本司法書士会連合会会長 三河尻和夫

特集 民法(相続関係)改正

民法改正の現状と課題―登記に関わる論点を中心として
慶應義塾大学法科大学院准教授 西 希代子

「民法(相続関係)等の改正に関する中間試案」に関する意見書
日本司法書士会連合会

「民法の成年年齢の引下げの施行方法」に関する意見書
日本司法書士会連合会

司法書士総合研究所研究報告

不動産登記の担い手司法書士
―韓国法務士の現状から考える―
不動産登記制度研究部会

家事調停事件における補佐人制度の活用について
家事事件研究部会

民法(債権関係)改正法案における更改登記についての一考察
―担保付き債権譲渡登記及び免責的債務引受登記の比較とともに―
登録研究員 森田和志

夫婦財産契約の登記と司法書士の未来
登録研究員 丸山洋一郎

契約法における契約の成立及び其の履行プロセスに関する一考察
 ―いわゆる米国統一商事法典(UCC)を補助素材として―
登録研究員 杉本脩一

第13回日韓学術交流研究会

第13回日韓学術交流研究会報告
   日本司法書士会連合会副会長・日司連国際交流室室長 長谷川清

第13回学術交流研究会資料
   日本司法書士会連合会 大韓法務士協會

編集後記

司法書士総合研究所 所長 船橋幹男

音声で読み上げる