日本司法書士会連合会について 出版物

ホーム > 日本司法書士連合会について > 出版物 > 資料室 > その他の業務 : 帰化申請

その他の業務 : 帰化申請

解説

帰化とは、日本国民でない者が、法務大臣の許可を得て日本の国籍を取得することをいい、普通帰化、簡易帰化、大帰化に分けられ、それぞれの許可の条件は国籍法第5条ないし第9条において定められています。
帰化の許可の申請は、帰化許可申請書及び帰化条件を証する書類を、本人(本人が15歳未満の場合はその法定代理人)が出頭して法務局又は地方法務局に提出して行います。司法書士は、帰化申請の書類作成業務をすることにより、外国人の帰化のお手伝いをしています。

関連情報

2010.08.10
【月報司法書士】法務局の事務および権限の地方への移管について/日司連専務理事 里村 美喜夫
2010.06.25
法務局の各種登記事務及び各種供託事務並びに司法書士に対する指導、司法書士会の会則の認可に関する事務等の地方移管に対し断固反対する決議
2009.10.10
【月報司法書士】離婚後300日以内の出生問題/神奈川県司法書士会 守屋 敦

>一覧を見る

音声で読み上げる