日本司法書士会連合会について 出版物

ホーム > 日本司法書士連合会について > 出版物 > 資料室 > 簡裁訴訟代理等関係業務/裁判事務 : 民事執行

簡裁訴訟代理等関係業務/裁判事務 : 民事執行

解説

例えば、建物明渡請求訴訟や貸金返還訴訟などで勝訴しても、相手方が任意に実行してくれない場合には、強制執行などの手段をとらざるを得ません。債務者が支払いを怠った場合に担保権の実行をしなければならない場合もあります。司法書士は、これらの執行申立書を作成し、依頼者の権利の実現を支援しています

関連情報

2016.11.10
【月報司法書士】不動産の明渡執行について/大阪司法書士会 谷 嘉浩
2016.11.10
【月報司法書士】動産執行のすすめ~執行は我々の得意分野だ!~ /日本司法書士会連合会紛争解決支援推進対策部民事事件受託推進ワーキングチーム座長・埼玉司法書士会 仲野 知樹
2016.11.10
【月報司法書士】執行官からみた執行実務/東京地方裁判所執行官 大河原 宗則

>一覧を見る

音声で読み上げる