日本司法書士会連合会について 出版物

ホーム > 日本司法書士連合会について > 出版物 > 資料室 > 不動産登記 : 担保権設定

不動産登記 : 担保権設定

解説

担保権とは、例えばお金を貸したときに返済されないことを想定して設定契約をしておき、万が一の場合に回収する権利を確保するものですが、不動産は担保としてもっとも多用されており、住宅ローンの抵当権はその筆頭です。不動産に設定できる担保権には、根抵当権、質権、先取特権などがあり、司法書士は、それぞれの特性を生かしながら国民の権利を守るお手伝いをしています。

関連情報

2015.10.10
【月報司法書士】成年後見と渉外事務/東京司法書士会 渡辺 智弘
2014.07.10
【月報司法書士】電子記録債権について/株式会社全銀電子債権ネットワーク 松野 幸三
2014.07.10
【月報司法書士】共用根抵当権の債務者の相続について/愛知県司法書士会 青山 修

>一覧を見る

音声で読み上げる