日本司法書士会連合会について 情報公開

ホーム > 日本司法書士会連合会について > 会長挨拶

会長挨拶

 司法書士は、永年に亘り不動産・商業法人登記制度の法律専門家として不動産に関する取引の安全と企業・法人の公示機能の充実をはかるために登記制度の信頼性を支えるとともに、裁判事務に関する専門家として多方面にわたり、市民の権利保全に寄与してまいりました。さらに、簡易裁判所における民事訴訟代理権等を有する司法書士を中心に、多重債務者の救済をはじめ消費者問題、敷金返還請求や労働紛争等に積極的な取り組みをして市民生活上の紛争の予防ならびに権利救済に重要な役割を果たしております。

 また、私たちは「公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート」を設立し、高齢者や障がいのある方々が、人間らしく平穏な社会生活を送ることができる社会を目指して創られた成年後見制度に対しても、活発な活動をしています。ここ数年の統計においても、親族を除く専門職後見人に司法書士が一番多く就任しているとの実績が示しているように、今では、成年後見といえば司法書士に相談を、といわれるまでになり、着実な成果を上げております。

 司法書士は、常に市民に寄り添う身近で信頼される法律家として歩んできました。そして今後も「市民と共に行動する支援型の法律家」として、皆さんにとって有用で頼り甲斐がある存在としての「司法書士」であるために更なる努力を続けて参ります。

 市民の司法アクセスの機会をより充実させるために、全国各地の司法書士会に総合相談センターを設置し、いつでも皆さんからのご相談をお待ちしております。

「困ったときは司法書士へ」としてご活用ください。

音声で読み上げる