日本司法書士会連合会について 情報公開

ホーム > 日本司法書士会連合会について > 情報公開 > 会長声明集

会長声明集

2009年(平成21年)04月23日

改正貸金業法完全施行の早期実施を求める会長声明

日本司法書士会連合会
会長 佐 藤 純 通

 平成18年12月20日に公布された「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」は、近年深刻さを増している多重債務問題の解決のために、上 限金利の引下げ、返済能力を超える借り入れを防ぐ総量規制の導入、貸金業者の業務適正化のための参入規制・行為規制の強化など、総合的かつ抜本的な対策を 講じる画期的なものである。

 この法律は段階的施行を経て、平成19年12月19日から2年半以内に完全施行される予定であるが、最近になって、貸金業界を中心に、グレーゾーン金利の廃止や上限金利引下げを阻止、あるいは先送りする動きが活発となっていると聞く。

 しかしながら、現在の雇用・経済情勢を鑑みれば、当初の予定通りの改正法完全施行によるグレーゾーン金利廃止、上限金利引下げ等の断行が必要不可欠である。

 よって、当連合会は、改正貸金業法完全施行の早期実施を、国および関係諸機関へ強く求めるものである。

音声で読み上げる