日本司法書士会連合会について 情報公開

ホーム > 日本司法書士会連合会について > 情報公開 > 会長声明集

会長声明集

2010年(平成22年)09月17日

ニュースレター「ニュースの司法書士的見方 Vol.2」についてのお詫び

日本司法書士会連合会
会長 細 田 長 司

 
日本司法書士会連合会(以下「連合会」という)は、本年8月末、一部のメディア各社に、標記ニュースレターを送付させていただきました。社会保障制度をテーマとしたものですが、見出し・内容において不適切な表現があり、ご迷惑をおかけした方々に対し、心よりお詫び申し上げます。
連合会は、標記ニュースレターを回収することを準備しており、今後このようなことが起こらないような措置を講じました。
司法書士は市民の身近な法律家として、特に多重債務・悪徳商法などの消費者問題や、高齢者等の財産管理等を通じて、社会的弱者と言われる方々の法的支援に力を入れているところであります。連合会としては、これを積極的にバックアップして、今後もなお一層この取り組みを強化していくとともに、市民のみなさまにとって、日常生活の様々な場面で、お役に立てるくらしの法律家でありたいと思っています。

音声で読み上げる