日本司法書士会連合会について 情報公開

ホーム > 日本司法書士会連合会について > 情報公開 > ニュースリリース

ニュースリリース

2011年(平成23年)02月24日

平成23年3月5日(土) 第5回 司法書士人権フォーラム「子どもの権利ノート2『自立ってなんだろう?』~子どもたちが求める支援を実現するために!~」を開催いたします

日本司法書士会連合会

 

平成23年3月5日(土)、日本司法書士会連合会(以下、「日司連」という。)は、児童福祉の現状と課題を探り、現在の法制度や専門家の役割を考えることを目的として、標記フォーラムを開催いたします。

 

【開催概要】
*日  時  平成23年3月5日(土)13:00~17:00
*会  場  司法書士会館地下1階「日司連ホール」(東京都新宿区本塩町9-3)
*主  催  日本司法書士会連合会
*後援(予定)
法務省、内閣府、厚生労働省、東京都、日本弁護士連合会、全国児童養護施設協議会、全国青年司法書士協議会
*プログラム及び登壇者(予定)
(1)基調報告

    登壇者 高橋 亜美氏(自立援助ホーム「あすなろ荘」)
三浦 宏一郎氏(社会的養護経験者)
石井 寛昭(日司連人権委員会副委員長)

(2)基調講演

    登壇者 山縣 文治氏(大阪市立大学生活科学研究科教授)

(3)パネルディスカッション

    登壇者 山縣 文治氏/高橋 亜美氏/三浦 宏一郎氏
木原 道雄氏(司法書士)/石井 寛昭

 

現在、全国各地で3万人を超える子どもたちが、様々な理由から親元を離れ、施設や里親等の社会的養護のもとで生活しています。この子どもたちは、いつか「自立」していかなければなりません。子どもたちを守り、自立を支えるために私たち大人ができることについて、施設の職員、退所した方の体験談を聞きながら検討します。
また、これまで司法書士が関わってきた活動報告を踏まえて、児童福祉に関する法制度や法的支援の在り方、専門家等の役割について考えていきます。

 

※「子どもの権利ノート」とは…
子どもたちが児童養護施設に入所する際に配布される、子どもの権利を伝えるための冊子。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 本件に関するお問合せ先 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
日本司法書士会連合会 担当:中田(なかた)、志藤(しどう)、溝田(みぞた)
TEL:03-3359-4171  FAX:03-3359-4175
<住所>〒160-0003 東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館
<HP>http://www.shiho-shoshi.or.jp/

音声で読み上げる