日本司法書士会連合会について 情報公開

ホーム > 日本司法書士会連合会について > 情報公開 > お知らせ

お知らせ

2017年(平成29年)11月07日

11月1日(水)福島県双葉郡広野町に災害復興支援事務所「相双司法書士総合相談センターふたば相談所」を開設しました

 原発事故による福島県双葉郡内の避難指示区域の解除が進んでいることから、連合会では、帰還住民等への相談や法的サービスを提供するため、11月1日(水)に福島県双葉郡広野町広洋台に福島県司法書士会が運営する災害復興支援事務所「相双司法書士総合相談センターふたば相談所」を開設いたしました。
 連合会は、災害が発生したときに、相談場所が無いなどで被災者が法的サービスを受けにくい地域に災害復興支援事務所を設置しています。
 連合会は、これまで宮城県に4箇所、岩手県に3箇所、福島県に1箇所、東日本大震災に関して災害復興支援事務所を設置しおり、今回の「相双司法書士総合相談センターふたば相談所」の開所は9箇所目となります。すでに設置している災害復興支援事務所とともに、地域住民のための相談活動を行ってまいります。

 

◇日時:月曜~金曜 9時30分~17時(予約優先)
◇場所:福島県双葉郡広野町広洋台1丁目1番地89
◇電話:0240-23-6454(相談についてのお問い合わせ番号)
◇相談料:無料
◇相談例:①何代にもわたり、相続登記をしていないが、どうすればよいか。
     ②遺産分割の話し合いをしたいが、相続人の中に行方不明者がいる。どうすればよいか。
     ③原発事故により自主的避難をしており避難費用等を請求したいが、どうすればよいか。
     ④原発賠償の金額に不満がある。原発ADRを利用したいがどうすればよいか。
     ⑤原発事故による長期の避難生活が原因で父親が認知症になってしまった。
      成年後見制度を利用したいがどうすればよいか。
     ⑥将来のために遺言を残したいと考えている。どうすればよいか。
といったものです。
 まずはお気軽にご相談ください。一般的な法律知識の提供や、問題解決のための法的アドバイスを行いますが、司法書士業務の範囲以外のことは、他の専門家や関係機関をご紹介できます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

音声で読み上げる