日本司法書士会連合会の取り組み 開催イベント

ホーム > 日本司法書士会連合会の取り組み > 開催イベント

開催イベント

このイベントは終了しました

【全青司主催】
子どもの人権を守るための法制度を考えよう
~児童虐待、親権停止、特別養子、里親制度を検証する~

 近年、児童虐待が深刻な社会問題となっています。
全国青年司法書士協議会では、児童虐待防止に向けたさまざまな活動を行っていますが、今般、民法が一部改正され、親権停止制度が4月1日に施行されましたので、その制定経緯を確認し、児童虐待防止にどのように活用できるのかを検討してみたいと思います。
 また、本制度の現時点における運用や実績、改善点や今後の法改正の行方についても考えていきます。
さらに、共同親権、未成年後見、特別養子縁組や里親制度の問題点を検証し、子どもの人権を守るためには今後どのような法改正をすべきなのかを考えてみたいと思います。

【開催概要】

日時

平成24年11月23日(金・祝)13:00~17:00

会場

司法書士会館 B1 日司連ホール
〒160-0003 東京都新宿区本塩町9-3

主催

全国青年司法書士協議会

後援

日本司法書士会連合会

プログラム

第1部 講演「児童虐待への法的対応」
第2部 現場からの報告~司法書士の経験談及び当事者の声~
第3部 質問・討論会

講演者

水野紀子氏(東北大学大学院法学研究科教授)

参加費

無料

その他

どなたでも参加できます。

【申込方法】

申込書を 【FAX 03-3359-3527 全青司事務局】 までFAXしてください。

>申込書をダウンロード

【お問合せ先】

全青司民法改正対策委員会 常任幹事 石川亮
TEL 04-7197-3897

音声で読み上げる