日本司法書士会連合会の取り組み 開催イベント

ホーム > 日本司法書士会連合会の取り組み > 開催イベント

開催イベント

このイベントは終了しました

【全青司主催】
調停・対話促進の技法トレーニング~中級編~

裁判外紛争解決手段の利用促進に関する法律(ADR基本法)が施行され5年が経ちました。全国で、司法書士のみに限らず、様々なADR機関が立ち上げられ、既に稼働しています。ADRに関わっている方も年々増加している中、全国青年司法書士協議会では、毎年ご好評を頂いているADRトレーニングの集大成ともいえる「調停・対話促進の技法トレーニング~中級編~」を下記の予定で開催いたします。
今回は、調停の後半部分である「課題の特定」に着目して、調停人が当事者同士の対話をどう支えていくかについて、皆さんとともに体感し、学び、考え、議論したいと思います。また、受講者の皆様に実際に調停人を体験していただくロールプレイの時間も多く取っております。その他にも、「当事者に対する観察力を身につけよう」等、調停人としてのスキルを磨くワークもご用意しております。
基礎編にご参加いただいた方はもちろんのこと、他団体でADRのトレーニングを受けたことのある方のご参加もお待ちしております。

【開催概要】

日時

平成26年2月22日(土)  11時00分~17時30分 (10時30分 受付開始)

平成26年2月23日(日)  10時00分~17時00分

会場

戦災復興記念館 4階第2会議室
〒980-0804 仙台市青葉区大町二丁目12番1号
電話:022-263-6931

主催

全国青年司法書士協議会

後援

日本司法書士会連合会

募集人数

20名限定

  • *過去に何らかのADRトレーニングを受講したことがある方が対象になります。
  • *2月22日・23日の2日間のトレーニング全日参加を原則とします。
  • *参加型研修の性質上、最大人数を20名とさせていただきます。
  • 参加希望者が20名を超える場合には、先着順での受付とさせていただきますのでご了承ください。
  • *全国青年司法書士協議会会員以外の方も受講できます。
内容

調停の後半部分である「課題の特定」をテーマとするワーク。
調停デモの観察、調停ロールプレイ、調停人倫理など。

講師

全国青年司法書士協議会ADR委員会 委員

参加費

10,000円

懇親会

2月22日(土)のトレーニング後に懇親会を開催いたします。
詳細および懇親会の申込書は決定書と共にお送りします。
(費用:5,000円程度)

注意事項
  • ■参加希望者が多数の場合には、先着順での受付とさせていただきます。
  • 参加決定者にはカリキュラム等を記載した参加決定書をお送りします。
  • ■参加費・懇親会費は事前に徴収いたします。参加決定書と共に振込先をご案内致しますので、決定書に記載してあります期日までにお振り込み下さい。領収書は当日お渡しします。
  • ■宿泊は各自でご手配ください。
  • (※仙台駅周辺の宿泊施設が取りづらくなっておりますので、お早めにご手配ください。)
  • ■当日の講義内容は、講師の都合により変更する場合があります。

【申込方法】

申込書を 【FAX 03-3359-3527 全青司事務局】 までFAXしてください。

申込締切:平成26年1月20日(月)

 

 

>申込書をダウンロードする

【会場案内図】

map

【お問合せ先】

全国青年司法書士協議会 事務局
TEL 03-3359-3513
Mail:info@zenseishi.com

音声で読み上げる